にわかtop  目次  自己紹介  河内にわかについて
 1
 神代の時代
 1-1
 室町時代
 1-2
 秀吉の頃
 1-3
 祭 にわか
 1-4-1
  祭 にわか
 1-4-2
  カルタ
 1-5
  にわか 噺
 1-6
五七五 1-7  俳諧 1-8   川柳 1-9  にわかの要素
 1-10
句作り 1-11  例句 1-12


1-2

室町時代 (足利時代) 農業の発達、商業の発達

 能に対し狂言    { 能楽から田楽 }
             { 和歌から連歌・狂歌 }
             { 連歌から俳諧、狂句 }

 俳諧連歌  俳諧式目等 形式化
     法楽連歌として寺社仏閣で盛んとなり、茶道と並行されたりする。
     100韻  三六句でまとめる。

 @  発句  (長句)あいさつ句とも呼ばれ季語を必入 
        一句立ち―切れ字 (や、かな、なり、けり)…俳諧句
         「現在の俳句に繋がる:正岡子規によって確立」

 A 脇句  (短句)付句といわれる  以下定座はある

 B 三の句 (長句)転句といわれる
        このあたりから即座に作ることになるので、「にわか句」とも
         称され、転句の場合、前もっていくつかは準備可能とされ
         その中から出すことができた。

 C以降 平句 前句付といわれる これには作句の練習が必要で
 E〜       にわか句・藤句・楽句・狂句・笑句・雑句・法楽
          川柳・が生じてくる。

 36。 挙句        歌仙止め

  前句付けのあそびが始まり、謎掛け、なぞなぞ、かるた、大喜利、替え歌
  そして甚句や追い分け、おけさ、仕舞い歌、万才楽等にも広がる。           


すし幸topへ