にわかtop  目次  自己紹介  河内にわかについて
 1
  神代の時代
 1-1
 室町時代
 1-2
 秀吉の頃
 1-3
 祭 にわか
 1-4-1
  祭 にわか
 1-4-2
  カルタ
 1-5
  にわか 噺
 1-6
五七五 1-7  俳諧 1-8   川柳 1-9  にわかの要素
 1-10
句作り 1-11  例句 1-12

1-10

  にわかの要素

うがち
    人が見落としているような事柄を突く
     常識的な仮面をはぎ取る
     少し意地悪い見方・視線
     リアリズムでありながら行き届いた観察
     表面からは見えにくい部分を辛辣な目で描写
     物事や人情の微妙なところを表す
笑い    滑稽屈折の笑いおかしみ ユーモア
         結果の笑い、笑いを目的としてはいけない
     むりやりに卑俗な事柄や言葉で笑わそうとしてはいけない
     人の動きの中に真実をとらえる、じんわりと沸いてくる笑い
     形式機知から彷彿としてくる面白さ
リズム   さりげなくサラリと言ってのける
     明るい軽み深い奥行きと広がりを心掛ける
     長く感じさせない滑らかさ、言葉がギクシャクしない
     表現に無駄なくすっきりと仕上げる
     心に残る軽さの形 (五七五)
     口語体を盛り込んだり、普段の言葉で
共鳴   詠み人と同じ高さ(位置)に持ってくる
     共感を呼ぶ『横の句』となるように
     かけはなれた世界を身近に(比喩を使って)
風流   はやり 新鮮 ニュース ユニーク
     流行語の取り入れ 新語 カタカナ文字
     新聞・テレビ・ラジオ・週刊誌から
     今日の出来事-----日記・随筆
     その場の共通話題・話の種
     明喩・暗喩や洒落た言葉を駆使する
ドラマ   物語 生活 喜劇 舞台がある
     情景・場面など浸透性のある広がり
     シナリオや噺の組み立てが出来る
     人間を見つめ人間を描く、真実の笑い


すし幸topへ